徒然なるままなわたし

毎日を必死に生きる謎の生物(たぶん人間)が、己の思考や行動を分析すべく奮闘する姿を綴るのだっ!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ご報告と心情
    0

       

      かなり久しぶりに語ろうと思います!

       

      今回は、私自身のプライベートなことがたくさん盛り込まれており、

      読んでくださっている人の中には、気分を悪くする方もいらっしゃるかもしれません。

      同じ境遇の方もいらっしゃるかもしれません。

      批判されることも覚悟したうえで、今日は自分の本当の想いを吐露したいと思っています。

       

       

      前回の投稿以降に、私の身に様々なことが起こりました。

       

      まず最初に伝えておかなければならないのは

      私が半年ほど前から、とある既婚男性と不倫関係にあったことです。

      彼には奥さんとお子さんがいます。

      私は承知の上で、お付き合いをOKしました。

      最初は本当にきちんとしたお付き合いをするつもりでもなかったから

      気軽に考えてしまったのが失敗だったのかなぁと、今では少し思いますが…。

       

      彼の家族から見ると、冗談じゃないと思うかもしれませんね。

      私自身も、離婚経験者でありますので

      奥様がどう考えるか、どれだけ傷つくのかが全く分からないわけではありません。

      私には子供がいませんでしたので、幼いお子さんを抱えた奥様は

      本当に辛い思いをしてしまうと思います。

       

      そこは本当に本当に申し訳ない。

      責められるのは仕方ないと思っています。

       

      それでも私は今、胸を張って言えるのは

      彼のことが大好きだということです。

      でも、一般的にも法的にもそれは認められることではありません。

      道ならぬ恋です。

      どんどん彼に惹かれている自分が信じられなくて

      本当に戸惑っています。

      どこかで引き返すべきだったのだと思います。

      だけど、彼を好きになったこと自体は後悔していません。

      どのような状況でも、私は彼のことを好きなことで幸せを感じているから。

      身勝手なのは承知の上です。

       

      今、私のお腹には彼の子がいます。

      本当に信じられなかったのですが、現在妊娠中です。

      そもそも私は精神疾患を持っているため、人が考える量より少し多めの薬の服用をしていました。

      多剤とまではいきませんが、朝・昼・夕・寝る前と全て合わせると多めのお薬です。

      それから、禁煙外来にも通っていたため

      禁煙のためのお薬も併用していました。

       

      精神疾患は15年前より患っており、主治医とも同じ期間の付き合いです。

      妊娠が分かった日が通院日だったので、すぐに主治医には報告しました。

      その日から、断薬しています。

      正確に言うと、私の体にもお腹の子の生育にも問題ない程度の

      眠るためのお薬くらいになったのです。

      向精神薬は全くなくなりました。

      断薬による離脱症状が最初の頃はひどかったのですが、

      これからのために止めるしかありませんでした。

      禁煙補助薬に関しては、自分の判断でいったん止め、

      病院に確認した上で飲まなくてもいいということになりました。

       

      次は彼に話さなければなりません。

      すごく迷いました。

      彼には家族がいるので、土日などの休日は殆ど連絡を取りませんでした。

      ですが、妊娠が分かったその日が土曜日であったため

      どうしようか迷いながらも、彼に事実を伝えました。

      まずはLINEで。

      とりあえず、直接会って話し合おうと思ってはいましたが

      事前に伝えておくことにしました。

       

      さすがに彼もかなり驚き動揺しているようでした。

      彼からの返事には、

       

      出来ないと思っていたからびっくりした。

      俺は堕ろして欲しいと思ってる。支えてあげられないし。

      君は心の病を持っていて、しっかりと自立ができていない。

      その状態で親になるなんて順序が違うと思っている。

      もし本当に運命なら子供を産むチャンスはまだあるはず、今じゃない。

      まずは君が完全に自立をし、精神的にも経済的にも完璧じゃなきゃ

      それでなくても子育てが辛くて心中するシンママとかもいるんだから。

      君の気持も大切だけど、堕ろしてください。

      お願いします。

      俺の子なら俺の気持ちを押し切って行動したりはやめてね。

      俺にも権利はあるでしょ?

      堕ろすことが全員のためだと思っている。

      仮に堕ろしても俺は離れたりしないから。

      ちゃんとこれまでもこれからも傍にいる。

      それは心配しないで。

      堕ろす悲しさは一緒に背負っていくよ。

      だから今回は堕ろして下さい。

      お願いします。

       

      と、このような内容が書いてありました。

      (ほぼ原文そのまま)

      大体の予想はついていましたし、覚悟もしていました。

      だけど、「堕ろして下さい。お願いします。」というセリフは

      私にとってショック以外の何物でもありませんでした。

       

      私はやはり産みたいと思っています。

       

      このLINEの後に直接会い、話し合いました。

      だけど結論はなかなか出ません。

      お互いの感情や保身のために決めることは出来ないし

      それをしてはいけないのではないかと思います。

       

      彼とは一緒にいたいと思いますが、これから先も一緒にいることは難しいと思います。

      彼は別れたくないとはっきり言いますが、それはできません。

      妊娠した時点で、いや、その前から私たちは一緒にいるべきではないのです。

       

      彼は家族も失い、私も失うということを恐れているようです。

      私だって何も失いたくはありません。

      産むか堕ろすか…。

      正直言うと私には産む選択肢しかありません。

      だけど、そのために乗り越えなければならないこと

      生まれてくる子供のために何をすべきか

      何をしてあげたいか

      それらを考えたときに、不安になるのは事実です。

      だけど、私は嬉しかったのです。

      お腹に命があることが嬉しいのです。

      それも彼の子だからなおさらです。

       

      私は初めて家族のいる人を愛しました。

      今までずっと、不倫をする人間を軽蔑していました。

      自分は絶対にしないと思っていました。

      まして不倫で妊娠なんて…と思っていました。

      実際に起こってしまうとは予想していませんでした。

       

      なんだか言い訳がましい文章になってしまいました。

       

      2・3人の友人には報告をしました。

      妊娠していること。

      相手が既婚者であること。

      私は産みたいと思っていること。

      みんな大切な友だちです。だから報告しました。

      親友に言われたのは、今回のことに関しては応援できないということでした。

      それもそうです。

      私も同じことを言っていたかもしれません。

      事情を知った上で、お腹の子を祝福してくれる人なんていません。

       

      だけど、私はお腹の子に言いたいんです。

      「私のところに来てくれて、本当にありがとう。」

       

      まだまだ安定期まで時間がありますので、どうなるのかは分かりません。

      最悪のイメージもしています。

      体には十分に気を付けて生活をしています。

      それでも、つわりが始まると不安定になります。

      私の場合は日々つわりの具合に波があり、大丈夫なときともう限界だと思うときとあります。

      本当に考えれば考えるほど、自分の想いに揺れがあることに驚きます。

       

      「産みたい」

      これだけはブレません。

      これからの彼との関係、彼の家族のこと、お腹の子を産むかどうか、

      産む場合・堕ろす場合のこれから先の生活、

      色々と考えることは多いです。

       

      日々の体調の変化と感情の起伏に振り回され、

      すごく辛いです。

      妊娠中の生活等に関して、ネットで調べることもあるのですが

      この辛い期間を夫婦で乗り越えようとしている人たちの投稿を見るにつけて

      辛さが増してしまいます。

      誰にも話せないことが一番つらいのかもしれません。

      中絶を望まれているのもつらいです。

       

      だけど、これはもう私の責任として受け止めるしかないと

      きちんと理解はしています。

      彼の家族にどんな風に言われ責められようと、

      慰謝料を請求されようと

      私はそれをきちんと受け止めようと思っています。

      彼はバレたくないようですが…。

       

      この子は生まれてきてはいけないのでしょうか。

      そうだとしたら、これは私と彼のせいです。

       

      これからどうなるのか…。

      またご報告させていただきます。

       

      読んでいただいた方々の中には不快に思われた方もいらっしゃるでしょう。

      私は全てをちゃんと受け止めたいです。

       

      最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

      | 自分 | 13:26 | comments(0) | - |
      我、ふと考える
      0

        JUGEMテーマ:気になること

         

         

        私は昔から、公共の交通機関が大の苦手でずっと車移動の生活をしていました。

        ですが、あるきっかけから車を手放さなければならなくなり、

        今ではすっかり公共の交通機関もスイスイ乗れちゃうようになったのです!!

         

        電車やバスでパニックを起こしていた私は何処へ!!!?

         

        ほぼ毎日どちらかには乗ります。

        その中で感じたことを今日は書いてみようかと…。

         

         

        バス停や駅によって違うのかもしれませんが、

        普通は他に人がいると皆さんちゃんと並びますよね?

        寒い中立っているのは辛いなぁと思いながらも、到着を待ちます。

         

        ですが、中には並ぼうとはしない方も多いようで…。

        これは私の実感として言うので、これが全てではないですが

        大体並ばずに我先にと乗り込むのは、ご年配の方々...。

        うん。

        気持ちはすごぉぉぉぉぉぉく分かりますよ。

        立ってずっと待ってるの、足腰しんどいですし

        乗ってからだって座りたいですもんね。

         

        気持ちは分かります。

        皆さんも座れたらラッキーだと思いますよね。

        ご年配の方々は乗り降りに時間がかかり、席が取れない場合も…。

        なんてことはないと思うんですよ。

         

        ご年配の頼りない動きの方たちには、皆さん席を譲ってくれます。

        (中には例外な人もいますが…)

        私は思うのですが、ご年配の方は後から乗ってきたところで

        十中八九座れるんじゃないでしょうか。

        押しのけるより、少し待っていればちゃんと座れるのになぁ

        どうして印象悪いことするんだろぉ

        といつも思っていました。

         

        バスや電車でのマナーもよく見ているのですが

        やっぱりご年配の方々の方が少しマナーが悪いかなぁという印象です。

        もちろん若者の中にもマナー違反な人はたくさんいます。

        割合の話でね。

        ご年配の方が多いなぁと。

        立っている人がいる状況で自分のバッグを隣の席に置いていたりすると

        なんだか残念だなぁという気持ちになります。

         

        私自身は、特別若者でもなければ年配でもない、くらいの年齢なのですが

        やっぱり電車でもバスでも座っていたいなぁと思います。

        ご年配の方々は、私たちにとっては人生の大先輩です。

        だからこそ、残念な姿は見たくないなぁ…

        日頃からそう思っています。

         

        人間だから必ず一つくらい残念な部分があって然りですが、

        それがマナー的なものになると、少し考えちゃうところですよね…。

         

         

         

        自分が年を重ねたときに、こんな風に思われないように

        どう行動するのが良いのか考えようと思います!

         

         

         

        あ、最近はあんまり目にしなくなったけど

        若者のシャカシャカはめっちゃ気になりますよ(笑)

         

         

         

         

        さて、またバスに揺られて帰りますかね...。

        | 思うこと | 19:40 | comments(0) | - |
        夢の中
        0

          JUGEMテーマ:

           

          もし地球上に自分だけが生き残ったら…。

          考えたことがある人も多いかもしれませんね。

           

          私の今日の目覚めは、そんな地球上にたった一人生き残る

          サバイバーとしての夢を見て飛び起きるというものでした。

          すんごい朝から疲れた…(-_-;)

           

          私は毎日就寝中にも何度か目を覚ますんですけど

          まぁ、だから夢も1日に何回も見ます。

          それで、大体けっこうな割合で覚えてるわけです。

           

          夢ってみんなけっこう見てるけど、大半は忘れてしまっていて

          今日は夢見てないんじゃないかなぁなんて思うらしいです。

          私は大体覚えてます(2回目)

          けっこう昔からそれは変わってないみたいですね。

           

          今まで見た夢の中で最も恐ろしく印象的だった夢があるのですが

          恐らく一生忘れることはないでしょう…。

           

          あれは高校生のとき。

          高校生の私は、学校から徒歩5分くらいのところに住んでいました。

          夢の中の私は学校にいて、急に誰かに追われるというものです。

          焦って猛ダッシュで逃げるのですが、もちろん追手も猛ダッシュでついてきます。

          それが、江頭2:50だったんです!!!

          猛烈に全力ダッシュで家に逃げ込む私。

          全てのドア、窓を施錠しカーテンを閉める!

          家の外でうろうろする江頭氏。

          ブルブル震えながら、カーテンを少しだけ開けると…

          目の前に江頭氏の、どアップ!!!!!!!!!

          「ギャー!!!」

          叫びながら目が覚めました…。

           

          追われる夢は比較的よく見るのですが、この夢が一番印象的でしたね。

          エガちゃんだったのがまた衝撃でした。笑

           

          幸せな夢で目覚めたいものですけど

          恐怖な夢を見てから目覚めると、ホッとする

          あの感覚けっこう好きだったりします。笑

          夢でよかったぁぁぁぁぁ!!!💕

          的なね...。

           

          私の夢の特徴は、夢の中でいつも自分の目線は俯瞰なところでしょうか。

          最近は特にそんな感じですね。

          まぁ後々なんでこんな感じなのかも分かってきたのですが…。

          追々説明してまいります!

           

           

           

           

          | 自分 | 11:21 | comments(0) | - |
          脱毛って…
          0

            JUGEMテーマ:脱毛

             

            突然ですが、私脱毛してたんです。

            某大手脱毛サロンで。

            女性の方はお分かりになるかと思いますが、

            やっぱりムダ毛ってすごく気になるんですよね。

            カミソリ使うと肌荒れしたり、誤って切ってしまったり…。

            除毛クリームだとコスパ的にもめんどくささ的にもなぁ…。

            みたいなね。

            そんな悩みを長いこと持ってて、一昨年思い切って

            友人に紹介してもらい某大手脱毛サロンで契約しちゃったんですよ。

            全身やりたかったとこですが、初めての脱毛サロンだし

            そんなお金持ってるわけでもなかったので

            結局は気になるパーツだけを契約したんですよね。

            気になってたパーツは、V・I・Oとワキ!!!!!

            このパーツを選んで、契約したときのキャンペーンなども含めてお値段は

            んー…

            正確には覚えてないのですが…笑

            13万くらいでしたかね。

            色々削ぎ落とすこともできましたが、

            通う曜日が限られるのも時間が限られるのも嫌だったので

            いつでも予約が取れる状態での契約ですね。

            んで、まぁ、色々ついててそのくらいの金額だったかな…。

            初めての経験ですから、このくらいのものかなぁと思って契約したんです。

            終了する今、特に不満はなかったんですけどね。

            ただ、ここがやっぱり目安にはなりますね。

             

            しかし、もう18回コースのラストも迫る今、

            回数を追加するか、他店と比較して他のパーツも考慮するか

            悩みに悩んで他店の無料カウンセリングに行くことにしたのです!

             

            予約したのは、どれも大手のサロン4店舗。

            時間的に1日で回るのは無理があるため、2/4と2/11の2日に分けて

            予約を取りました。

             

            2/4(月)

            この日は、3店舗!

            それぞれの予約時間は

            13:00から1店舗目。(以後サロンAとする)、

            15:00から2店舗目。(以後サロンBとする)

            18:00から3店舗目。(以後サロンCとする)

             

            まずは13:00からのサロンAへ。

            キレイな店内。親切な案内。

            今までのところもすごく良かったけど、

            やっぱりサロンはスタッフさんの対応いいとこ多いですね。

            が、しかし!!!!!!!!!!!!!!

            サロンAでは、丁重にお断りされました…。笑

            理由が理由なため、仕方ないかと10分ほどで終了(。>∀<。)

            理由は、昨日少し触れた「通院」に関することで。

             

            脱毛する方法は予約したどのお店も光による脱毛なのですが、

            機械やお店によってお薬の服用中はダメだったりするわけなのですね。

            勉強になります…。

            因みに主治医には今まで特に止められることもなく、

            実際にちょっと前まで他店で施術してもらってたわけですが…。

            まぁ、何かあったら困るのはお店でもありますしね…。

            諦めました。

             

            次は気を取り直してサロンBだ!

            と思っていたところ、スマホに知らない番号から着信が。

            私「もしもしー」

            電話の主「サロンCの○○と申しますー。」

            18:00に予約を取っていたサロンCのスタッフの方でした。

            サロンC「昨日お電話でお聞きしたのですが、お薬を服用中なんですよね?」

            私「はい。○○という病気で…。」

            サロンC「そうなんですね…。お薬を服用中の場合、主治医からの承諾書のようなものが必要なんですよ。」

            私「…。」(いや、昨日のうちに伝えたんだから昨日のうちに言っといてくれたらな…)

            サロンC「今日の今日じゃ無理ですよね…。承諾書がないとご案内ができないんですよ。申し訳ありません…。」

            私(ぐぬぬぬぬ!)「そうなんですね…。では、主治医に聞いておきます。」

             

            てな感じで、18:00の予約はキャンセルになり

            改めて予約を取り直すことになりました。笑

            まぁ、想定内っちゃ想定内だったので

            仕方ないかぁと気を取り直してサロンBへ。

             

             

            サロンBでは、スムーズに案内をされましたよ!

            事前に病気のことや服用中の薬のことは、webアンケートで答えていたからでしょうか。

            (サロンCも伝えてたんだけどな…おかしいな…)

            ここでは、コースや料金などを詳しく丁寧に教えていただけました。

            キャンペーンのことなども含め、かなり好印象。

            サロンBで最初に聞かれたのが、全身脱毛を希望するかパーツを絞っての脱毛を希望するか。

            正直すごーく悩んでたので、両方の説明を聞くことにしました。

             

            恐らく、サロンBが初めての脱毛サロンであれば、迷わずパーツを選んでいたでしょう。

            全身脱毛になるとやはりいいお値段しますからね…。

            だけど、実際にパーツで脱毛してもらうと

            他のパーツも気になってくるんですよ。これホントに。

            だから、最初から全身やってもらえばよかったなぁとか思っちゃったわけなんです。

            脚も腕も背中も…と、ムダ毛というムダ毛が気になり始めるんですよね。

            (だったら最初からやらなきゃいいとか言わないでね…。)

             

            結局気になるパーツが多いし、やるのなら全身かなぁと思っていました。

            ですが、それなりのお値段ですよね…。

            だから一旦冷静に考えるために、家に持ち帰って考えることにしました。

             

            脱毛サロンって、結構キャンペーンされてること多いんですよね。

            サロンBでも今月まで(?)のキャンペーンがあって、それがすごく魅力的ではあったんですけどね。

            でも、即決するのはちょっと勇気もないので…。

            そこでサロンBのスタッフさんに提案されたのが、店舗限定のキャンペーン。

            お試し脱毛コース(2パーツを3回ずつ)。

            3回だけ?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、

            けっこう3回でも、よっぽど濃くない限りは劇的に薄くなるもんなんです!!

            前の某大手サロンでも最初のうちの、あのスルスル毛が抜けていく不思議な感覚の気持ちよさったらなかったですよ!笑

             

            サロンBのスタッフさんの提案では、このコースが半年間有効なので

            とりあえず3回ずつ2パーツをやってみて、効果が目に見えて他店より良ければ

            半年の間に全身コースを契約してはどうかと。

            半年後か…。

            半年あれば…。

            なんとかなる…かも…。

            となり、とりあえずお試しでやってみることにしました。笑

            このサロンBは1か月に1回のペースで通うのが通常らしいので、

            順調に毎月通えば3か月。

            他店舗では2週間に1回のペースで通えるところもあるのですが、

            サロンBのスタッフ曰く、毛の生えてくるタイミングで光を当てるのが効果的なので

            1か月くらいは置いておかないとダメなんだそうです。

            正直早くしたい人にとっては…な感じですよね。笑

             

            しかし、きちんと効果を得たいので私は試してみることにしました。

            お値段も激安だったので!笑

             

            11日にもう1店舗無料カウンセリングの予約をしていたのですが、

            色々調べた結果、全身コースがないらしいということが判明したので

            4日の時点でキャンセルしてしまいました。

             

             

            サロンBの最初の利用予約は、12日(火)。

            楽しみだなぁ♫

             

             

            また、色々と分かったことがあったらご報告しまっす!!

             

             

             

             

             

             

             

            | 体験記 | 01:54 | comments(0) | - |
            赤ちゃん👶
            0

              北海道ではマイナス30℃の地域があったり、

              関東でも大雪になるそうで…

              寒いですな、、


              こちらは雨です。

              いや、比較的そんな寒くはないんだろうけど、、

              寒いのが苦手なもので(๑>؂•̀๑)テヘ


              私は毎週土曜日に通院するんだけど、

              寒いと外に出るのが面倒で…(´°ᗜ°)ハハッ..


              あ、通院と言うのも後々私の正体を明かしていくつもりなので今回はスルーということで!笑



              そんな感じで、通院のためバスに乗り込んだのですが。

              普段、私の住んでいる地域からのバスにはご年配の方たちが多く乗ってらっしゃるのですが、

              珍しく今日は、赤ちゃん連れのママさんが2人乗って来られました。


              あんまり子どもが好きでない人もいらっしゃるとは思いますが、

              赤ちゃんがいるとその空間が、なんだかふんわりするなぁと常々思ってるんです!


              泣いてる子をうるさいなぁと煩わしく思う人も勿論います。

              だけど、赤ちゃんがキャッキャと声をあげる度にみんな自然と笑顔になったりするんですよねー。


              不思議なものだ。


              赤ちゃんの癒しパワー半端ねぇ!!

              とか、1人でニヤニヤしてました。笑


              私、これまた後々書いていきますが

              バツイチ子なしの身でありまして。

              子どもは大好きだし、友人の子はみんな懐いてくれたり、前職が子供相手だったりで…。

              まぁ、そんな私には子はいません。

              出来なかったとかもありますが、子を産む選択を出来なかったのも現実です。


              その時その時で色んなことを考えてした選択なので、

              今は全く悲観してません。

              欲しくても出来ない人もいれば

              欲しくないのに出来ちゃった

              的な人もいます。

              各々が各々の選択をすればいいだけ。


              子孫を残せないことは残念ですが

              いないと生きていけないわけでもないなぁと。


              大体の人が生きてれば1つくらい後悔はするものだから、いちいち悲観してたら時間が勿体ない!!

              これ、私の中で思い至った極論なんですけどね。笑



              後悔しながら、無数に枝分かれする選択肢を

              たまには道草しながら進むのが性に合ってるきがします。


              全ての経験に感謝です。

              | 自分 | 12:38 | comments(0) | - |
              好きな「そば」は、何そば?
              0

                 

                JUGEMテーマ:麺類

                好きな「そば」は、何そば?

                 

                断然これは、瓦そばでしょう!!!

                 

                知らないなんて言わせないわよ!!!!!

                瓦の上でジュージュー焼いた茶そばに

                ジューシーなお肉

                錦糸卵をのせ

                刻み海苔をかける!

                 

                ああああああああ!!!

                 

                つゆも絡めてうまい!!!!!

                山口県が有名みたいっす。

                わたくしは九州生まれの九州育ちなゆえ、

                よく存じ上げております!

                 

                 

                食べたい...

                | answer | 22:21 | comments(0) | - |
                れっつごー!私は生きてるぞー!!
                0

                  JUGEMテーマ:自己紹介

                   

                  まさかまさかのブログでびゅー...

                  そろそろアラフォーと呼ばれる世代の生き物ですが

                  毎日頑張って生きています(〃艸〃)

                   

                  ♀か♂かと言われれば...♀だと思われます。

                  ええ、ホントに♀です。

                   

                  思い浮かんだことや、考え込んでしまうこと

                  そろそろアウトプットしていく作業に入ろうかと思っておりますです(*´ェ`*)

                   

                  犬派か猫派かと言われると、両方大好きなもんで選べません!

                  実家では可愛い犬を飼い、外では地域猫にすり寄りまくる。

                   

                  しかし!!!!!!!!

                  自宅で飼うならデグーかなと思ってます。

                  本命はリクガメだったけど、周りの大反対にあったため断念しました。

                  残念無念...

                   

                  肩の力を抜いて、毎日生きていこうと日々邁進してまいります。

                   

                   

                  簡単ではございますが、最初はこんな感じで!!

                  ァ '`,、'`,、 (ノ∀`*) '`,、'`,、'`,、

                   

                   

                  | 自分 | 22:07 | comments(0) | - |
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << December 2019 >>
                  + PR
                  + SELECTED ENTRIES
                  + CATEGORIES
                  + ARCHIVES
                  + MOBILE
                  qrcode
                  + LINKS
                  + PROFILE
                  + OTHERS
                  このページの先頭へ